【2023年】首都圏の中古マンションの市場動向 – 不動産クラファン比較ならファインディングファンド
News

不動産投資ニュース

【2023年】首都圏の中古マンションの市場動向

FINDING FUNDS編集部です。

新築マンションは価格が高騰し供給も不足していることから、新築より割安に購入できる中古マンションが注目されています。そのため、今後は新築だけでなく中古マンションも選択肢の一つとして考える人が増える可能性があります。

本記事では、中古マンションの市場動向について解説します。

取引価格や専有面積、築年数などを知りたい人はぜひ参考にしてください。

中古マンションの市場概況

成約件数は2年ぶりに前年を上回る

下図は東日本不動産流通機構(東日本レインズ)がまとめた中古マンション概況です。

参照すると、首都圏の中古マンションの成約件数は2年ぶりに前年を上回り、35,987件となりました。前年比で1.6%増えています。特に東京都区部や横浜川崎地域で前年を上回る状況です。

1㎡当たりの単価は首都圏平均で71.9万円で、11年連続の上昇です。前年比6.9%上昇で、この11年で88.3%上昇しました。首都圏のマンションは中古物件もよく売れており、新築でなくても消費者が求める傾向です。

成約物件価格は4,575万円で前年比7.0%上昇し、こちらも11年連続で上昇しました。首都圏のマンション価格は他のエリアより高い傾向であり、5,000万円を超える価格の物件が成約件数、比率とも増加しています。

出典:首都圏不動産流通市場の動向(2023年)|東日本不動産流通機構 P2

平均築年数は経年化が進んでいる

2023年の平均専有面積は63.63㎡です。毎年大きく変わりませんが、前年比より0.06%増えました。平均築年数は10年前の2013年には築20年程度ですが、2023年は23.83年で約4年ほど古くなり、年々経年化が進んでいます。

中古マンションは立地条件が良ければ売れやすいため、築年数が古くても駅から近く、周辺に利便施設(スーパーなど)が多い物件は買い手が見つかりやすいといえます。

参考:首都圏不動産流通市場の動向(2023年)|東日本不動産流通機構 P2

中古マンションの成約状況

中古マンション市場は年々活発化しており、新築と引けを取らないほど多くの物件が取引されています。

ここでは、中古マンションの成約状況について解説しましょう。

中古マンション価格は年々上昇

下図は東日本不動産流通機構が調査した中古マンションの成約状況です。

参照すると、2023年は35,987件の物件が成約されました。中古マンションはここ10年ほど、35,000件前後が取引されており、安定した数字を保っています。

注目したいのが平均単価(1㎡)で、2023年は71.9万円と前年比の6.9%です。価格は4,575万円と、ここ10年のうち最高価格となっています。2013年の価格は2,589万円であり、10年の間に約1.8倍もの上昇です。中古マンション価格は年々上昇傾向で、2024年もさらに上がる可能性があります。

首都圏不動産流通市場の動向(2023年)|東日本不動産流通機構 P6

平均築年数も毎年上がっている

2023年における中古マンションの平均専有面積は63.63㎡で、前年度とほぼ同じ状況です。

コロナショックが蔓延した2020年は在宅が増え、広めの自宅を求める人が増えたこともあり、専有面積が65,24㎡でした。しかし、感染状況が落ち着くにつれて少しずつ面積が減っている傾向です。

平均築年数は毎年少しずつ上がっていき、2013年は築19.27年でしたが10年後の2023年は23.83年となっています。マンションの法定耐用年数は47年であり、築20年前後でもしっかり管理されているならば建物の状態はよいでしょう。

【エリア別】首都圏中古マンションの最新情報

1都3県では中古マンションが多く取引されています。

ここでは、首都圏の中古マンションの最新情報について解説します。

東京都の中古マンションの平均価格は6,000万円【2024年1月】

下図は2024年1月における、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)中古マンションの成約状況を比較した表です。

参照すると、1都3県で最も取引件数が多いのは東京都で1,499件でした。次に多いのは神奈川県ですが、前年比-3.6%とやや減少しています。

東京都は㎡単価・価格ともに全国で一番多く、㎡単価は約100万円、価格は約6,000万円です。

価格は神奈川県の約1.5倍で、総じて高い金額となっています。そのため、東京都でマンションを購入するには中古でも高額な資金が必要です。

東京都・神奈川県・埼玉県では価格が前年より1割以上高くなっており、当分の間上昇する傾向がみられます。

※カッコ内は前年度比(%)

エリア件数(件)㎡単価 (万円)価格(万円)専有面積(㎡)築年数(年)
東京都1,499(9.1)100.31(10.3)6,018(13.1)59.99(2.5)21.97
神奈川県609(-3.6)58.28(8.7)3,973(15.2)68.17(6.0)24.22
埼玉県298(3.5)43.42(8.6)2,981(11.0)68.65(2.2)24.85
千葉県305(6.3)39.38(8.3)2,779(3.5)70.56(-4.5)28.52
参考:2024(令和6)年1月度 Market Watch|東日本不動産流通機構 P6をもとに筆者作成

東京都の中古マンションは他のエリアより築浅

築年数で比較してみましょう。

1都3県で最も築年数が浅いのは東京都の21.97年です。マンションの法定耐用年数は47年のため、21年経過してもまだ築古物件ではありません。

千葉県の中古マンションの平均築年数は28.52年と約30年であり、築年数が20〜30年程度の物件でも市場では多く取引されています。

まとめ

首都圏の中古マンションは不動産市場でも活発に取引されており、今後も市場が拡大する傾向があります。中古マンションの価格は年々上がっているので、物件によっては新築で購入したときとさほど変わらない価格で売却できるケースもみられます。

新築マンションより手頃な金額で購入できるので、マンション購入の際には中古マンションも視野に入れて検討するとよいでしょう。

関連するニュース

2024.05.20

お知らせ

ファンド・サービスへのクチコミ数が1,000件を突破!

不動産型クラウドファンディングの情報が集まるポータルサイト「ファインディングファンド」で掲載するクチコミ掲載件数が1000件を突破しました。 ユーザーによるクチコミが1000件を突破しました! ファンドに出資したユーザーが書くクチコミの件数が1,015件、うちサービス事業者と連携し出資…

2024.05.17

お知らせ

謹賀新年Amazonギフトカード出資でもらえる!キャンペーンのギフト配布をいたしました

2024年1月〜3月開催の「謹賀新年Amazonギフトカード出資でもらえる!キャンペーン」のギフト配布を2024年5月17日に配布いたしました。 多くの方にご好評いただき、対象110名の方へ配布いたしました。キャンペーンへのご参加ありがとうございました。 キャンペーン詳細はこちらhtt…

2024.05.01

今から始める不動産投資

賃貸契約の名義変更が必要なケースとは?手続きの流れについても解説

FINDING FUNDS編集部です。 賃貸物件を所有していると、入居者の事情により契約者の名義を変更するケースがあります。 名義変更とは、賃貸借契約書に記載した契約者の名前を変更することです。結婚や離婚などで氏名が変わった場合に行います。 本記事では、名義変更あ…

この記事を書いた人

アバター画像

運営スタッフ

ファインディングファンド運営スタッフです。