フリーレントは空室対策に有効?メリット・デメリットも解説 – 不動産クラファン比較ならファインディングファンド
News

不動産投資ニュース

フリーレントは空室対策に有効?メリット・デメリットも解説

FINDING FUNDS編集部です。

物件広告を見ていると、「フリーレント1ヶ月分」などの条件を目にすることがあります。

フリーレントは一定期間の家賃が無料になる条件です。入居者が入りやすくなることから空室問題を解消するために設定する場合があります。

本記事では、フリーレントの内容やメリット・デメリットについて解説します。

空室問題で悩んでいるオーナーはぜひ、参考にしてください。

フリーレントとは一定期間の家賃が無料になる条件

フリーレントとは、「フリー=無料」「レント=家賃」を指しており、一定期間の家賃が無料になる賃貸物件のことです。例えば、「フリーレント2ヶ月」が付いた物件に住む場合、入居者は2ヶ月分の家賃を支払う必要がありません。そのため、初期費用を安く抑えられます。

賃貸物件を借りるときには、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃などの初期費用を支払うのが一般的です。家賃保証料や火災保険料なども含めば、まとまった費用になります。入居者にとっては初期費用の負担を減らせるので、近年注目されている条件です。

フリーレント期間は1ヶ月無料が多くみられます。 

フリーレントのメリットとデメリット

フリーレントにはメリットとデメリットの双方が存在します。

ここでは、大家側のメリット・デメリットについて、それぞれ解説しましょう。

大家側のメリット

大家側の主なメリットは以下の3通りです。

・入居者が見つかりやすい

・家賃を下げなくてもよい

・資産価値が低下しない

フリーレントを付けると入居者の初期費用を軽減できるため、空室を解消しやすいのがメリットです。家賃の値下げをせずとも入居者が入りやすくなるため、物件の資産価値が低くなりません。

リフォームをしなくても集客効果が高いため、高額なコストがかからないのも良い点です。

いったん、家賃を値下げしてしまうと元の金額に戻すのは難しいですが、フリーレントならば一時的に家賃を無料にするだけで済みます。長い目で見ればそれほど負担にならないため、空室対策の切り札として有効的に使えます。

大家側のデメリット

大家側の主なデメリットは以下の2点です。

・収益が下がるリスクがある

・退去時にトラブルが発生することも

フリーレントを何度も利用してしまうと家賃収入が減ってしまうため、収益が下がるリスクがあります。空室期間が長い貸室のみフリーレントを利用するなど、使い方に注意することが必要です。

また、フリーレントは一般的に短期解約に対して違約金を義務付けているケースが多くみられます。借主に対しては重要事項説明のときに短期解約のペナルティについて説明しますが、契約する際にその点をしっかり説明しておかないとトラブルが発生する可能性があります。

入居してもらう際は借主に十分納得してもらってから契約しましょう。

フリーレントが空室対策に有効な理由

空室期間が長期化すると賃貸経営の収益が低くなってしまいます。空室解消のため、入居者を早期に入れる方法としてフリーレントが有効です。

フリーレントが空室対策に有効な理由としては以下の3つが挙げられます。

・他物件と差別化できる 

・入居者が入りやすくなる

・長期入居を期待できる

ここでは、それぞれの理由について解説しましょう。

他物件と差別化できる 

近年、賃貸物件は飽和状態にあり、数多くのアパート・マンションが市場に出回っています。

同じエリア内に似たような物件があることも多く、入居者に選んでもらうには他の物件との差別化が必要です。

フリーレント付きの物件は一定期間の家賃が無料になるため、初期費用を抑えたい借主の目を引きます。

入居者が入りやすくなる

フリーレントを付けると入居者の初期費用を軽減できるため、空室が埋まりやすいといえます。そのため、空室問題に悩まされているオーナーにとっては、試してみたい方法です。

入居者が入りやすくするための方法としては家賃の引き下げも挙げられますが、物件の収益性が下がってしまうため、よく考えてから実行する必要があります。

フリーレントならば一時的に家賃収入が入らないだけなので、入居者が長期的に住んでくれればプラスの収益に転向します。

長期入居を期待できる

フリーレントを付けるときは「短期解約の場合は違約金を支払う」という特約を付けるのが一般的です。最低でも2年の縛りを設けるオーナーが多いため、入居者は短期での解約がしづらくなります。

最初から短期での入居を考えている人はそもそも契約しないため、長期にわたって住んでくれる入居者を期待できます。入居当初は収益が上がりませんが、長期的に住んでくれる可能性が高いため、家賃の損失分を埋められます。

短期解約の場合でも特約で違約金の支払いを設定するため、利益を確保できます。

まとめ

フリーレントは一定期間の家賃が無料なため、賃貸物件を探す人に人気がある条件です。

空室期間が長い物件に困っている場合は、対策の一つとして試してみましょう。

フリーレントをすることで、入居者が入る可能性が高まります。

関連するニュース

2024.05.20

お知らせ

ファンド・サービスへのクチコミ数が1,000件を突破!

不動産型クラウドファンディングの情報が集まるポータルサイト「ファインディングファンド」で掲載するクチコミ掲載件数が1000件を突破しました。 ユーザーによるクチコミが1000件を突破しました! ファンドに出資したユーザーが書くクチコミの件数が1,015件、うちサービス事業者と連携し出資…

2024.05.17

お知らせ

謹賀新年Amazonギフトカード出資でもらえる!キャンペーンのギフト配布をいたしました

2024年1月〜3月開催の「謹賀新年Amazonギフトカード出資でもらえる!キャンペーン」のギフト配布を2024年5月17日に配布いたしました。 多くの方にご好評いただき、対象110名の方へ配布いたしました。キャンペーンへのご参加ありがとうございました。 キャンペーン詳細はこちらhtt…

2024.05.08

今から始める不動産投資

【2023年】首都圏の中古マンションの市場動向

FINDING FUNDS編集部です。 新築マンションは価格が高騰し供給も不足していることから、新築より割安に購入できる中古マンションが注目されています。そのため、今後は新築だけでなく中古マンションも選択肢の一つとして考える人が増える可能性があります。 本記事では、中古…

この記事を書いた人

アバター画像

運営スタッフ

ファインディングファンド運営スタッフです。